CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

「エコ配慮」内容確認を 太陽光、風力など再生エネ重視 新電力会社選び 課題は?

2016年09月15日

160915-2.jpg

 消費者が電力会社を選べる電力の小売り自由化から間もなく半年。環境に優しい再生可能エネルギーを主体として家庭に供給する新電力会社が増えている。こうした趣旨に賛同して、エコな電気を選ぶには、どこをみたらよいのか。再生エネを応援する市民団体に、選ぶポイントや課題を聞いた。(寺西雅広)

 「消費者が何を選ぶかが大事」。太陽光や風力など再生エネ重視の電力会社を応援する市民運動「パワーシフト・キャンペーン」運営委員会の吉田明子さんは力を込める。

 キャンペーンは、「脱原発」への市民参加を推進する目的。原発を持つ大手電力会社から、再生エネを中心に据える新電力会社に切り替えれば、脱原発を推進できると、地球規模の環境問題に取り組む国際的なNGO「FoE Japan」などが展開している。キャンペーンのホームページでは、委員会が考える電力会社を選ぶ際の5つのポイントを各電力会社の代表や担当者に直接聞いて、紹介している。

 紹介する新電力は、電力自由化が始まった4月時点では10社。そのうち、家庭向けに電力を供給していたのは4社のみだった。現在は17社に増えている。家庭向けに供給する会社も、試験供給も含めると10社以上に上るという。

 再生エネを前面にアピールしている会社でも、必ずしもエコに配慮しているとは限らない。大規模太陽光発電施設(メガソーラー)設置のために森林を伐採したり、電気を多く使うほど割安になる仕組みをPRしたりしている会社もある。

 今後は、再生エネの絶対量の少なさも課題になりそうだ。大規模な水力発電を除くと国内の再生エネの割合は5%。さらに、その電源となる発電施設のほとんどは大手の所有で、新電力が再生エネを調達するのは簡単ではない。

 環境保護団体「気候ネットワーク」によると、現在、石炭火力発電所の新設計画は全国で48。石炭は低価で仕入れられ発電コストも安いが、二酸化炭素(CO2)排出量は天然ガスの約2倍。吉田さんは「石炭火力を選べば、温暖化対策でCO2の出ない原発推進を、という流れにつながる」と危惧する。

 委員会が推薦する電力会社の紹介サイトはパワーシフト・キャンペーンで。

中日新聞朝刊(愛知) 9月15日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧