CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

打ち水や風鈴で涼しくなったよ 高岡・二塚保育園

2016年08月14日

160814-1.jpg

 夏の暑さを和らげる昔ながらの打ち水や風鈴の効果を学ぶ地域環境教室が、高岡市の二塚保育園であった。4、5歳児約30人が打ち水で涼風を体感し、風鈴の涼しげな音色に耳を澄ませた。

(写真)打ち水をして涼しさを体感する園児=高岡市二塚で

 教室では、高岡銅器協同組合副理事長で竹中銅器社長の竹中伸行さん(53)が、真ちゅう製の風鈴を紹介。園児が目を閉じて風鈴の音を聞いた。

 打ち水は、夏の強い日差しに照らされる園庭に出た5歳児が子ども用のじょうろで体験。園児は、水を掛けた地面と掛けない地面にしゃがんで、涼しさを比べ「打ち水の方が涼しい」と感想を話していた。教室に参加した市の国際交流員ラビン・ニコラスさんが母国である英国の夏の過ごし方を話す場面もあった。

 同園は、こどもエコクラブを結成しており、園庭の遊具や玄関にゴーヤーのグリーンカーテンを設置し、地球の温暖化や省エネを学んでいる。 (武田寛史)

北陸中日新聞朝刊(富山)8月14日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧