CHUNICHI Web 環境ニュース「節電・省エネ」

一覧

ペダル踏み踏み 「発電は大変!」 長野で環境フェア

2016年07月31日

160731-3.jpg

 身近な地球温暖化対策や環境保護策を考える「信州環境フェア」が30日、長野市若里のビッグハットで開幕した。31日まで。

(写真)自転車型の発電機をこいで扇風機などを動かす児童ら=長野市のビッグハットで

 県などでつくる実行委員会が主催し、今年で16回目。企業や行政機関などが出展し、電気自動車(EV)や、用水路などで電気をつくれる小水力発電の模型などを展示して環境にやさしい仕組みを紹介した。

 県内の高校・大学生らも参加し、温暖化対策や諏訪湖の水質汚染などの研究成果を発表した。

 廃油を使ったせっけん作りや、信州産間伐材を使ったいすの工作など、子どもが楽しく学べる企画もあった。男子生徒(上田市清明小4年)は、自転車型の発電機で電気機器を動かす実験に挑戦。懸命にペダルを踏むと、扇風機などが動きだした。「発電するのは大変で、電気は大事だと分かった」と話していた。

中日新聞朝刊(長野)7月31日付掲載

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧