エコイベント

AQUA SOCIAL FES!! なごや「港の森」「風の道」づくり 第1回 港の森づくりに参加しよう

 トヨタのコンパクトハイブリッドカー「アクア」にちなみ、全国50カ所で行われる水辺環境保全プログラム「アクアソーシャルフェス」のひとつとして、なごや環境大学連携講座を計3回開催します。

 都心のヒートアイランド現象の緩和策のひとつとして、名古屋港沿岸やその流域に緑を増やし、海から川をつたい緑や水辺の涼しさを運ぶ「風の道」をつくることが有効だと言われています。ラムサール条約登録の藤前干潟をはじめ、もともといのちの宝庫である名古屋港。そこから人も生きものも暮らしやすい環境づくりをすれば、"なごや"がもっと心地よくなるはず。そこで「なごや環境大学」連携講座として、金城ふ頭・藤前干潟・中川運河で学びながら活動できる講座を計3回開催します。

 第1回は、金城ふ頭「モノづくり文化交流エリア」で「港の森」をつくる植樹活動を行います。名古屋市立大学大学院准教授・香坂玲さんのミニ講座で海辺に森をつくる意義を学び、潮風に強い樹種の苗木を100本植えます。

第1回 当日の様子はこちら

【開催概要】
日時 4月15日(日)10時から12時(荒天中止の場合あり)
場所 金城ふ頭 リニア・鉄道館北東
定員 100名 ※参加無料
申し込み お申し込みの受付は終了いたしました
ホームページ
主催 NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム
共催 なごや環境大学、中日新聞社
協賛 AQUA SOCIAL FES!!(トヨタ自動車)
一覧に戻る

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ