エコイベント

アサヒビール環境文化講座 ※応募受付は終了しました。

「市原ぞうの国」園長 坂本小百合さん

 環境保全活動を積極的に推進するアサヒビール株式会社(東京都墨田区吾妻橋)と中日新聞社は本年も環境文化講座を開催します。

 本年のテーマは「東山動植物園にて自然環境について考える」。ゾウをキーワードに、参加者が自分の身近な自然・地元の自然について考える機会になることを目的にしています。

 国内のゾウのスペシャリスト「市原ぞうの国」園長の坂本小百合さんを講師に迎え、アジアゾウの生態やゾウの素晴らしさについての講演の後は、「アジアゾウの餌やり体験」や「絶滅危惧(きぐ)種ツアー」を行います。

日時 平成23年9月11日(日)10:00〜16:30予定(9:30受付開始)
場所 東山動植物園動物会館(名古屋市千種区東山)
定員 40組80名 ※入場無料
プログラム 主催者挨拶(10:00〜)
【講演の部】(10:10〜11:20)
講演:講師 坂本小百合さん(約30分)
トークセッション:坂本小百合さん、橋川央(東山動物園長)、
アサヒビール担当者(約30分)
【体験の部】(11:30〜14:10)
■アジアゾウ餌やり体験:動物会館に隣接するアジアゾウ舎にて2人一組でアジアゾウにリンゴやバナナなどの餌やりを体験していただきます。
■絶滅危惧(きぐ)種ツアー:東山動物園で飼育している動物のなかで絶滅が危惧される動物をいくつか選び、飼育員の解説を交えながら観察をしていただきます。
※全員に体験してもらいますが、先に餌やりを体験するコースと、先に絶滅危惧種ツアーを体験するコースと2つに分けます。また、途中で食事休憩や、東山再生プランについての解説があります。
【工場見学の部】14:20〜16:30予定
東山動植物園からバスで移動し、アサヒビール名古屋工場(名古屋市守山区)にて工場見学と出来たてビールの試飲を行います。その後バスにてJR名古屋駅前に移動し解散。
主催 中日新聞社
共催 アサヒビール株式会社
応募方法 ※応募受付は終了しました。
お問い合わせ 中日新聞広告局広告二部
TEL052−221−0689(平日10〜17時)
一覧に戻る

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ