エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「ダイサギ」(大鷺) 飾り羽を繕う

2018年07月05日

茨城県土浦市の桜川河川敷で6月中旬、背中から伸びた美しい飾り羽をくちばしで羽づくろいするダイサギ。

 飾り羽は繁殖期の春から夏に見られる白いレース状の羽。求愛などで使われる。かつて同県坂東市の集団繁殖地で観察した時、まるでクジャクの羽のように大きく広げてくれた。

 関東地方では夏鳥で渡来するが、一部越冬するサギ科。冬は大きな別亜種が大陸から渡来。1羽いるだけで風景を魅力的にさせる鳥だ。全長90センチ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧