エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「クロサギ」(黒鷺) 春の海で魚を狙う

2018年05月10日

千葉県銚子市の銚子マリーナ付近の海岸でこの春、魚を狙うクロサギ。

 潮が満ち始めた砂浜でじっと待ち続け、波に打ち上げられる魚を捕食した。賢い採餌方法だ。サギ科は白いサギの総称であるシラサギを見慣れているので、黒いサギに出合うと印象的だ。

 留鳥で岩礁の海岸などに生息する。関東では房総や三浦半島、相模湾などの海辺で局地的に見られる。全長62センチ。

 16日まで愛鳥週間。新緑の中での探鳥は至福の時間だ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧