エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「シマアジ」(縞味) 夏羽に衣替え

2018年04月05日

三鷹市大沢5丁目の野川で3月30日、春の日差しを浴びて羽ばたくカモ科のシマアジ。

 夏羽に衣替えして鮮やか。八幡橋付近でカルガモ数羽の群れにいた。湧水の水は美しい。カワセミが数回飛んだ。

 この冬も3年続けて越冬し話題を集めるシマアジ。旅鳥で春と秋の渡り途中に立ち寄るが、関東で越冬は珍しい。見る機会は少ないカモで、魚のような名前はユニーク。地元の観察者によると昨年は4月末までいたという。全長38センチ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧