エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「ヒレンジャク」(緋連雀) ヤドリギに飛来

2018年03月29日

埼玉県戸田市の彩湖周辺で3月初め、ヤドリギの実を食べに飛来したヒレンジャク。

 運良く翼と尾羽が広がった瞬間が写った。約8羽が黄色い実を食べては枝で休み、粘着性のある実を排便。その実がヤドリギの分布を広げる。

 冬鳥として渡来するレンジャク科。長い冠羽が目立つ上品な鳥だ。尾の先は赤い。尾の先が黄色はキレンジャク。「チリチリチリ」または「ヒーヒー」と鳴く。関東平野では春に多く見られる。全長18センチ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧