エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「シジュウカラ」(四十雀) 冬のヨシ原を飛ぶ

2018年02月22日

葛飾区の都立水元公園で1月下旬、ヨシ原を飛ぶシジュウカラ。葛飾区の都立水元公園で1月下旬、ヨシ原を飛ぶシジュウカラ。

 ヨシの茎の中にいるカイガラムシの仲間の昆虫を捕食しては移動した。偶然に、その一瞬を撮影できた。黒い頭と白いほほが印象的。留鳥または漂鳥で林や公園などに暮らすシジュウカラ科。春になると「ツツピーツツピー」とさえずる。全長15センチ。

 先週の珍客アカハシハジロは「14日も同じ池にいた」と鳥仲間から連絡があった。越冬が確認され約2カ月が過ぎた。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧