エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「オジロワシ」(尾白鷲) 根室海峡を飛ぶ

2018年01月18日

北海道別海町の野付半島で12月中旬、根室海峡を飛ぶ国の天然記念物オジロワシ。

 海の向こうは北方領土・国後島で距離は約16キロ。黄色いくちばしと、白い尾羽が印象的。野付湾が結氷する1、2月は氷下待ち網漁が行われ、漁師が捨てる雑魚を目当てに、オオワシとともに多数集まる。

 野付半島で繁殖するが、多くは冬鳥で北日本などに渡来するタカ科。関東では奥日光に飛来。翼を広げると2メートルを超す。全長は雄80センチ雌95センチほど。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧