エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「カモメ」(鴎) 早春の海で採餌

2017年03月16日

千葉県銚子市の銚子漁港で2月28日、海面に浮かぶ餌を捕るカモメ。千葉県銚子市の銚子漁港で2月28日、海面に浮かぶ餌を捕るカモメ。

 羽ばたいて、くちばしですくい上げた。十数羽が何度も繰り返した。冬から春の銚子漁港は日本有数のカモメウオッチングの場所で知られる。数も種類も多い。

 日本産のカモメ類25種はウミネコとカモメ以外、◯◯カモメと名が上に付く。カモメ類は総称して「カモメ」と呼ぶ。そのためにカモメをわざわざ「ただカモメ」と呼ぶ人も。神奈川県の県鳥。全長45センチ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧