エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「ハヤブサ」(隼) アトリを襲う一瞬

2016年02月25日

栃木県鹿沼市の黒川で19日朝、冬木立の枝に止まるアトリの大群に襲いかかるハヤブサ。栃木県鹿沼市の黒川で19日朝、冬木立の枝に止まるアトリの大群に襲いかかるハヤブサ。

 黄色い右足を伸ばし、飛び立つ獲物を捕まえる。他にオオタカやハイタカ、チョウゲンボウ、ノスリもアトリを狙い、その都度アトリは空を黒く染めた。24日、大群は消えていた。水害復旧工事が再開され重機に驚いたのだろう。

 ハヤブサは留鳥として川や農耕地、海岸などに分布。ハトや小鳥、カモを食べる猛きん類だ。全長は雄42センチ、雌49センチ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧