エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「コスズガモ」(小鈴鴨) 水元公園にまた珍客

2013年12月12日

葛飾区の都立水元公園の小合溜で6日、羽ばたきをするコスズガモの雄。葛飾区の都立水元公園の小合溜で6日、羽ばたきをするコスズガモの雄。

 水元大橋付近でキンクロハジロとホシハジロ数十羽の群れと暮らす。昼間はほとんど寝ている。午前は逆光のため、観察は午後がいい。11月15日ごろ確認されたという。

 北アメリカに分布するカモ科で、日本への渡来は特に珍しい。同公園は今年2月に越冬で話題に。同じ鳥だろうか。上野・不忍池で2006年から数年続けて雄が越冬。全長42センチ。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧