エコらむ

【探鳥:珍しい一瞬をとらえた鳥の写真特集 堀内洋助】

「コサギ」(小鷺) 水辺で眠る

2011年10月21日

   埼玉県川越市の伊佐沼で15日、浅瀬にねぐら入りしたシラサギ類約100羽の群れ。コサギが多い。埼玉県川越市の伊佐沼で15日、浅瀬にねぐら入りしたシラサギ類約100羽の群れ。コサギが多い。

 日没前後に三々五々集まり集団で眠る。600ミリレンズで絞りF8、10秒露出。体は動いてぶれるが、足はずらりと静止。街路灯と車のライトが、秋の水辺を彩って幻想的だった。全長61センチ。

 14日、茨城県坂東市の菅生沼に「冬の使者」コハクチョウの第一陣10羽が渡来した。昨年より8日早い。

プロフィール

堀内洋助(ほりうち・ようすけ):東京新聞(中日新聞東京本社)編集局写真部部次長

本紙に「続・渡良瀬有情」と「渡良瀬の色」を10年間連載。写真集は日本新聞協会賞を受賞した「渡良瀬有情」「富士異彩」、「翔(と)べカルガモの子よ」(いずれも共著)など。15年目を迎えた「探鳥」は東京新聞の首都圏情報を紹介する≪ゆめぽっけ≫で連載中。

エコらむカテゴリー

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧