エコらむ

【森のめぐみ 木の温もり 赤堀楠雄】

2010年12月28日

 林業あるいは木材の取材で各地の山村や林業産地を訪ねることを繰り返すうち、この仕事を続けていく上での取材テーマとして、人と自然との関わりについて考えを深めることを最も重視したいという気持ちを持つに至っています。

2010年11月30日

 もう長い間、木の良さってなんだろうということを考え続けています。木が好きだという人はたくさんいると思います。もちろん、私もそのひとりです。木はなぜ私たちをこれほど惹きつけるのでしょうか。

DSCF5901.jpg

2010年10月31日

  「森林・林業再生プラン」の目標を達成するための具体的な施策を決めようという国の検討作業が11月中の最終まとめに向け、現在、大詰めを迎えています。「林業が変わる」とタイトルを付けたこのシリーズでは、国の検討経過を踏まえつつ、今後の林業政策を考えた場合にどのような視点が必要になるのかを示すことに努めてきました。私なりの課題整理は、前回の「森林・林業・地域再生プランを目指して」で行ったつもりですが、林業現場の最前線で働いている人たちが、政府の検討内容について、どのような問題意識を抱いているかを紹介し、シリーズの締めくくりとしたいと思います。

 genbajin.jpg

現場人はどのような問題意識を抱いているのか

エコらむカテゴリー

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ 記事全文へ バックナンバー一覧 記事全文へ 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧 一覧