ジャーどうナル 中部電力「原子力発電は未来に役立つ」編

原子力発電が未来に役立つってホント?

 大気中のCO2(二酸化炭素)が増加により、地球温暖化が進み環境への影響がとても心配されています。地球温暖化を防止するためには、CO2を出さないように取り組んでいくことが大切です。

原子力発電は、発電時にCO2を出しません

 日本はエネルギーを多く使う国でありながら、エネルギー資源に乏しく、約96%を海外からの輸入に頼っています。日本の電気をつかう量は年々増え続けていることに対し、これからも安心して電気を使うためには、限りある資源を大切に長く使うことが求められます。

原子力発電で使うウランは、少しの量で発電でき、再利用もできる資源です

原子力発電は、地球温暖化防止と、安心して電気を使い続けるために役立ちます。

 10月26日は「原子力の日」です。私たちがこれからも安心して電気を使い続けていくためには、原子力発電が大きな役割を果たします。

 10月25日中日新聞朝刊の掲載紙面にて図解で説明しています。是非、ご覧下さい。

 平成21年10月25日付 中日新聞朝刊掲載紙面は下記にてご覧いただけます。


もっと詳しく知りたい方は、中部電力ホームページへ
http://www.chuden.co.jp/torikumi/atom/more/index.html

2016 愛知環境賞

第75回 中日農業賞

地球のいのち、つないでいこう

中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ